YouTubeチャンネルとWebサイトの連携するメリット

YouTube

私はYouTubeチャンネルの他に、Webサイトやブログをやっています。

メインでやっているWebサイトの記事と連動した動画を作り、YouTubeに投稿しています。

またこのブログでは、動画制作やYouTubeチャンネル運営初心者の立場から気づいたことをいろいろと発信しています。

他にはTwitterとInstagramも一応開設していますが、ほとんど活用できていません。

YouTubeチャンネルだけではなく、いろんなプラットフォームを持っているとメリットがあると、実際やってみて感じているので、今日はそのことを書いてみたいと思います。

記事と動画の相乗効果

私は記事と動画の説明欄で、お互いに「関連記事」「関連動画」として紹介しあうようにしています。

また、動画を投稿するとサイトのトップページで告知をします。

自分が作ったコンテンツ同士でリンクさせ合うということです。

動画を見てくださった方がサイトの方も見てくださったり、サイトの記事から動画を見てくださったりといった、相互の宣伝効果があります。

名前を知ってもらうだけでもいい

すぐに見ていただけないとしても、チャンネルページやウェブサイトの名前を知っていただくだけでも良いと思います。

いつか、その方にとって少し興味のあるタイトルの動画うあ記事があった時、名前を聞いたことがあるチャンネルの動画ややサイトの記事だったら、見てみようかなと思ってもらえるかもしれません。

ブランディングというのでしょうか、個人がやっているブログやWebサイト、YouTubeチャンネルでも、名前を憶えてもらうというのは、とても重要なことだと思います。

動画がある記事は検索結果で優遇?

Google検索で、動画検索の結果は、検索結果のページに別枠で表示されます。

このように、通常の検索結果の間に別枠で、画像検索結果や動画検索結果が割り込んでいます。動画検索結果のリンクをクリックすると、動画が再生されます。

Googleの動画検索ページのリンクが、動画への直接のリンクではなく、動画があるWebページへのリンクとなっている場合もあります。サムネイルを見ると動画への直接のリンクのように見えるんですが、クリックすると動画が再生されるのではなく、記事が開く場合があるんです。

1つの検索キーワードで、検索結果の1ページ目に、画像、動画、通常のWeb検索結果と、いくつも自分の記事や動画が入ってくる場合もあります。そうなると、検索からの流入の可能性はより高まります。

記事の中に動画を入れる際の注意点

動画検索の結果が記事にリンクされることもあると書きました。

この場合、動画検索結果からクリックして遷移した先の記事で、動画が記事の下の方や目立たないところにあったりすると、視聴者の方がとまどうと思います。動画検索を重視する場合は、動画は記事の上の方に、目立つように掲載した方が良いと思います。

動画検索は上位を目指しやすい

通常のウェブ検索結果の画面がこのように表示されるということから、Google検索は、画像や動画があるWebページをとても重視していることがわかります。

ブログやサイトの記事の中に画像が動画があると、Google検索の検索結果の目立つところに掲載される可能性が高まるということです。

特に動画がある記事は多くはないので、動画検索で上位になるのは、Web検索で上位を目指すよりもずっと可能性が高いと思います。

YouTubeチャンネルとサイトやブログを連動させよう

このように、WebサイトやブログとYouTubeチャンネルを連動させると、お互いに宣伝しあえたり、検索画面で目立つ可能性が高まったりと、メリットがあると感じています。

私はあまり活用できていませんが、TwitterやInstagramなどSNSとYouTubeチャンネルを連動させて効果的に宣伝している方も多いですね。

いろいろなプラットフォームを持ち、活用することが、自分が作ったコンテンツを多くの方に見ていただけるようになるための鍵になると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました