動画編集を独学【じっさいやってみた】メリットとデメリット

動画編集は独学でできるか 動画編集

私は動画編集を独学しています。

独学というのは、人から教わらずに一人で学ぶことですが、この記事では、ネットや書籍などを使い、無料や安い値段で入手できる情報や教材を使って、一人で学ぶことというような意味合いで使っています。

実際は人から教わらないわけではなく、いろいろな動画レッスンやウェブサイトの記事からたくさんのことを教わって学んでいます。

まとまった講座の料金が数十万円というようなスクールで教わるのではなく、自分で情報や教材を探して学ぶ。そんな独学で、動画編集を習得するメリットとデメリットについて、実際自分がやってみてどうだったかということから考えてみたいと思います。

私が動画編集を独学している教材

まず、私がどんな風に動画編集を独学しているのかを書きます。

Udemyで基礎を学ぶ

私が動画編集を学ぶために一番利用しているのがUdemyです。

Udemyには、様々なジャンルの動画講座がありますが、動画編集を学べる講座もたくさんあります。

Premiere ProやAfter Effectsの基本操作を学べる講座から、応用的な内容まで、自分の目的と好みに合った動画講座を選んで受講することができます。

Udemyの講座を購入するにあたっての注意点ですが、講座によっては、字幕がずれていたり、ちょっと説明が聞き取りにくいと思えるようなものもあります。

私は許容範囲と思って利用しています。セールの時など、ものすごく安く講座を購入できますからね。

動画編集の独学に、Udemyはおすすめです。

YouTube動画やネット上の解説記事

動画編集をしていて、調べたいことができた時にネット検索をして、YouTubeの動画解説やWebサイトの解説記事を参考にさせていただいています。

YouTubeに投稿する

自分のYouTubeチャンネルに投稿する動画をひたすら作りながら学んでいます。

最初はPremiere Proをメインに使っていましたが、今はAfter Effectsで、モーショングラフィックスを主に使った動画を作っています。

After Effectsで動画編集中

YouTubeに投稿するのは、勇気がいることです。自分の作った動画が、何回、どれぐらいの時間見てもらえているのか、成果を数字で突きつけられるので怖いですが、とても勉強になります。

動画編集は独学で習得できるか

習得できます。ネットで入手できる無料の情報や安価な教材を使って学ぶことで、比較的短期間で、動画を作り始めることができるようになります。

動画を作りながら学び続けることで、スキルアップしていきます。

自分のYouTubeチャンネルに上げる動画を編集するとか、ちょっとした趣味の動画編集をする程度ならば、独学でも十分可能です。

がんばりしだいでは、かなりクオリティの高い映像を作ることも可能だと思います。

ただし、動画編集の仕事を受注するために必要な知識と技術を網羅的に学ぶのは、独学では少し難しいかもしれません。

独学ではどうしても、知識やスキルの「抜け」「偏り」ができてしまう可能性があります。

仕事をするために必要な知識を短期間で網羅的に学び、一気にスキルを身に着ける。そんな学び方ができるのは、やはりスクールに入学する大きなメリットだと思います。

動画編集を独学するメリット

実際に独学をしている私が感じた動画編集を独学するメリットには次のようなものがあります。

自分のペースで学べる

仕事をしながら、家事の合間になど、学ぶ時間とペースを自分で好きなように決められるのが独学の大きなメリットです。

お金があまりかからない

動画編集のまとまった講座があるスクールの中には、料金が数十万円かかるところもあります。

そこまでお金をかけたくないと思う場合、とりあえず独学から始めてみるのもいいと思います。

あまりお金がかからないというのは、独学の最大のメリットです。

動画編集を独学するデメリット

次に動画編集を独学していて、デメリットと感じることについてです。

モチベーションを保つのが難しい

学び続けるモチベーションを保つのは、やはり独学では難しいです。自分で目標や計画を立て、やる気を出して学び続ける必要があります。

わからないことがそのままになりやすい

動画レッスンを見て独学する途中で、どうしてもわからないことが出てきます。

たとえば、Premiere ProやAfter Effectsのバージョンが違って、動画の説明と自分の画面の表示が違うせいでよくわからない、といったことなどよくあります。

分かる人に質問をして解決する手段が、独学では限られてしまいます。

就職支援などはない

動画編集のスクールの中には、修了後に仕事を紹介してくれたり、仕事の探し方を教えてくれたりするところもあります。

独学の場合は当然、そういったものはありません。

動画編集は独学でも可能か?

というわけで、今日は動画編集のメリットとデメリットについて書いてみました。

動画編集の仕事を受注できるようになりたい、という目的であれば、スクールに入学するというのが王道かもしれません。ただし、それなりのお金がかかります。

  • お金をあまりかけたくない
  • 計画を立てて一人で勉強するのが得意
  • とりあえず一歩学び始めてみたい
  • 自分のYouTubeチャンネル用の動画編集をしたい
  • 趣味で動画編集をしたい

こんな方は、動画編集を独学するのも良いんじゃないかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました