YouTube Shortsは高評価と低評価を非表示にできる?

【YouTube Shorts】ショート動画の評価を非表示にできる? 動画編集

YouTube投稿を始めて8か月ほどたちました。投稿本数は30本を超えたところで、チャンネル登録者数は450人くらい。ゆっくり成長しています。

このごろ新しい試みとして、YouTube Shortsを投稿してみました。スマホのYouTubeアプリのおすすめ動画に「ショート動画」として、縦長の動画が並んでいるのを見ることがあると思います。あれがYouTube Shortsです。

YouTube Shortsの投稿の仕方

サラッと簡単に書きますと…

・動画の尺を60秒以内にすること
・動画を縦長(横9:縦16)にすること
・タイトルや説明欄に#shortsと入れること

これ以外は普通の動画とだいたい同じです。YouTube Shortsのカスタムサムネイルについてはまた別の記事に書きます。

YouTube Shortsは再生数が伸びやすい

再生数が伸びやすいと言われるYouTube Shortsですが、私も投稿初日に640くらいと、普段投稿している横長の動画の20~100倍くらいの初日再生数になったのを見て、びっくりしました。

アナリティクスを見ると、夜中の1時間くらいの間に再生が集中していました。それ以外はぽつぽつです。時間帯からいって、もしかすると日本の視聴者ではないのかも、と想像しています。

その時間帯に、集中的におすすめに表示されたのでしょうか。ナゾです。

まだ2つしか投稿していないのですが、いろいろと疑問に思うことがでてきて、調べながらやっています。

そんな中から今日は、YouTube Shortsの高評価数、低評価数の表示について書いてみたいと思います。

パソコンからショート動画を投稿する手順

YouTubeの動画には、視聴者が高評価と低評価をつけることができることを、みなさんご存じだと思います。

あの評価の数を視聴者に表示させるかどうかは、投稿者が選択することができます。

YouTube Shortsをパソコンから投稿する時も、Shortsではない普通の動画を投稿するときと同じように、高評価と低評価の数字を表示させるかどうかを選ぶことができます。

高評価数、低評価数を表示させるかどうか

私は普段、評価数を表示させないようにしています。チャンネルがある程度育ってきて軌道に乗るまでは、評価やチャンネル登録者数を表示させるメリットはないと思っています。ショボいと思われるだけですからね。

数字を非表示にしていても、評価ボタンを押すことはでき、チャンネル運営者には数字が見えるようになっています。高評価はひそかに励みにさせていただいています。

YouTube Shortsを初めて投稿してみた時も、高評価と低評価の数は表示させないようにしました。

が。

実際、YouTubeアプリで自分のショート動画を見ると、高評価数がしっかり表示されておりますね(^-^;

低評価数は表示されない?ようです。他の方のショート動画でも、低評価数のところに数字が表示されているのは見ません。下向き親指の手のアイコンの下に「低く評価」とだけ書かれています。

YouTube Shortsで、高評価数は非表示にできず、低評価数は表示されない。というのが2021年5月28日時点の仕様となっているようです。(自分のチャンネルのアカウントにログインして自分のショート動画を見ると低評価数も表示され、別のアカウントで見ると、高評価数だけ表示されて低評価数は表示されないようです)

YouTubeが、低評価数を表示しないテストを行っているという情報も見かけますので、この仕様は一部にだけ適用されているのかもしれず、また変わる可能性があります。

低評価は非表示の仕様ってどう?

高評価数は表示されて低評価数は投稿者には見えるけど視聴者には非表示というのは、いい仕様だなと私は思うのですが、みなさんはどう思いますか?

投稿者にとっては、低評価も参考になります。でもそれが表示されることにメリットはないような気がします。

見る側の立場のときは、低評価が多い動画は遠慮しておこうかなと思ったり、逆に見てみようかと思ったり、多少参考になるのかもしれませんが、低評価数が表示されないのは嫌だとまでは思いません。

今は評価数を表示をさせていない投稿者の中には、低評価数が表示されないのだったら、高評価数を表示してもいいかなと思う人も多いんじゃないでしょうか。

個人的には、低評価非表示の方がいいなと思っています。

というわけで今日はYouTube Shortsの評価数の表示について気づいたことを書いてみました。

YouTube Shorts試しに続けて投稿してみて、また気づいたことがあればこのブログに書きたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました