After Effectsでカウントダウンのモーショングラフィックス

After Effectsでカウントダウンのモーショングラフィックを作る 動画編集

After EffectsやPremiere Proを使って動画を制作し、YouTubeに投稿しています。

少~しずつですが、チャンネル登録者数や再生数が増えてきました。いい動画を作って、もっとたくさんの人に見ていただけるようになりたいです。

After Effectsでアニメーションを作るのがおもしろい

動画を作るのに、今一番よく使っているソフトが「Adobe After Effects」です。

After Effectsって最初はとっつきにくいと思ったのですが、いろいろ作っているうちにおもしろくなってきました。シェイプで図形を描いて動かしたりいろんなエフェクトをかけたりするのが楽しくて、ハマっています。

自分の動画の中で使うアニメーションパーツや画面切り替え、テキストアニメーションを、よくAfter Effectsで作ります。

After EffectsとPremiere Proの使い分け

Premiere Proでも、テキストに動きをつけたり、モーショングラフィックスを作ったりすることはできますが、After Effectsの基本操作を覚えてからは、使い分けをするようになりました。

Premiere Proでやること

  • 動画、静止画、アニメーション、音を組み合わせて動画を構成する
  • カット編集
  • シンプルなテロップを入れる

After Effectsでやること

  • テキストに動きや効果をつける
  • モーショングラフィックスを作る
  • オープニング、エンディング、画面切り替えなど動きやエフェクトで盛りたいところを作る
  • 動きやエフェクトを使ったテロップを作る

やりすぎに注意

After Effectsを使えるようになると、とにかく動きをつけるのがおもしろくてしょうがないんですよね。

エフェクトの使い過ぎ、あちこち動かしすぎっていう、見づらい動画になってしまいがちです。

私も今はいろいろアニメーションさせたくてしょうがない時期なんですが、シンプルに見やすく、効果的にアニメーションを使えるようになることを目指したいです。

カウントダウンのアニメーションの作り方をYouTubeに投稿

というわけで、今日は最近作ったモーショングラフィックスの中から、けっこう使い道がありそうに思える「カウントダウンアニメーション」の作り方動画をYouTubeに投稿しました。

最初の30秒はこんな感じです。

上記の中に出てくる「3,2,1,Go!」という赤い時計のアニメーションの作り方解説動画です。

時計の形に作ってみましたが、シンプルに円の部分だけ使っても良いと思います。これはシンプルでポップな雰囲気ですが、色を変えたり、線をアレンジしたりすれば、かっこいい雰囲気、渋い雰囲気、ナチュラルな感じなど、いろいろ楽しめると思います。

破線が時計回りに現れたり消えたりするアニメーションは、パスのトリミングではなく、放射状ワイプのエフェクトで作っています。

詳しくはぜひYouTubeでご覧ください。

After Effectsで時計の形のカウントダウンアニメーションを作る

  • クイズの制限時間の表現
  • ゲームやスポーツでスタートの表現

など、いろんな場面で使えるんじゃないでしょうか。

After Effectsを使っている人は、よかったら作ってみてくださいね。基本操作がわかっている方なら簡単に作れると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました