動画とサイト制作のための小さなワークスペースとPCスペック

動画編集

今日は、私が動画編集やサイト制作をしているワークスペースとパソコンのことを書いてみたいと思います。

部屋の一部をワークスペースに

寝室としても使っている自分の部屋の一角をパソコンのスペースにしています。

130㎝×150㎝ぐらいのスペースに、机をL字に並べ、棚と椅子を置いています。

ワークスペース

狭いですが、椅子に座るのに窮屈とか暗いとかいうこともなく、よく使うものにはすぐ手が届いて、こじんまりとしていて自分としては気に入っています。

3方向を壁とディスプレイに囲まれていて、落ち着く空間です。

ここにどんなものを置いているか、もう少し詳しく紹介します。

デスクトップパソコン

動画とウェブサイト制作で一番使うものといえば、パソコンです。

今はデスクトップパソコンを主に使っています。

マウスコンピューターの「DAIV Z7」というパソコンです。クリエイター向けパソコン「DAIV」シリーズの中で、ミドルスペックとされている型です。

最新では構成が変わってさらに良くなっているみたいですが、去年私が購入したときは下記のスペックでした。

  • CPU:インテル(R) Core(TM) i7-10700
  • SSD (M.2):256GB
  • グラフィックス:NVIDIA GeForce RTX 2060 SUPER / 8GB
  • HDD:2TB

「すべてにおいて最新、最高スペック」とはいえないものの、必要な部分はしっかりおさえて、お値段は控えめな点が気に入って購入しました。

もともとの構成から注文時に自分で変更したのは次の2点です。

  • CPUファン:水冷式のCPUクーラーに変更
  • メモリ:16GB→32GBに変更

私が買った時は、税込みで20万円くらいになりました。

水冷式CPUクーラーは音が静か

水冷式のCPUクーラーは、冷やす効果が高いのかどうかは使っているぶんにはよくわかりませんが、音が静かで気にいっています。よく耳をすますと、たまに「ぼこぼこっ」と水の音がしますが、ほとんど聞こえないといっていいぐらいです。

動画編集には大きなストレージがあった方がいい

動画編集をする際には、動画や画像、音などをたくさん保存することになります。容量の心配をしながら制作するのはストレスになりますから、余裕を持って用意したいところです。私は4TBの外付けHDDを後で買い足して使っています。

このPCで支障なく作業できている

動画編集をしたり、ウェブサイトを作ったりするのに、特に困ることなく快適に使えています。

Adobeのソフトを3つも4つも立ち上げて切り替えながら使っても、固まるようなことはほとんどなく、サクサク動作します。作業内容によってはたまに動かなくなることがあるので、こまめに保存しながら作業しています。

DAIVのデスクトップパソコン、とても気に入っていますが、購入するにあたって気をつけた方がいいことがあります。

それは、サイズが大きめだということです。置く予定の場所に収まるかどうか、測ってから買った方がいいと思います。

デュアルディスプレイ

デュアルディスプレイ

デスクトップパソコンには、ディスプレイを2つつないでいます。いくつものソフトを立ち上げて、切り替えながら動画編集をしたり、調べ物をしながらサイトの記事を書いたりするのに便利です。

上の写真では、右のディスプレイにAdobeのPremiere Pro、左のディスプレイにAfter Effectsというソフトを表示させています。私が動画を作る時には、この二つのソフトを同時に立ち上げていることが多いです。

L字のデスク

L字デスクのワークスペース

もともとL字になっているデスクもありますが、私はニトリで普通のデスクをふたつ購入し、L字に配置しました。デュアルディスプレイにキーボード、そしてサブ機のノートパソコンを置いています。

椅子を回転させるだけで必要なものに手が届くので、L字のワークスペースは本当に便利です。

マウス

ロジクールのエルゴノミクスマウス(トラックボール)を愛用しています。

手首を動かす代わりに親指でボールを回して操作するマウスです。長時間動画編集をするときなど、同じ動作をあまりにも繰り返すと腱鞘炎になりそうで心配なので、普通のマウスと交互に使ったりするときもあります。

サブ機のノートパソコン

マウスコンピューターのKシリーズのノートパソコンをサブ機として使っています。

デスクトップを買う前はこれでサイト制作などをしていました。3年?4年?ガンガン使い倒していますが、一度も調子が悪くなることもなく、快適に使えています。

これがとてもよかったので、デスクトップを買う時も、マウスコンピューターのBTOパソコンにしようと思いました。

椅子

椅子はニトリで買ったごく普通のもの。座面が広めで座りやすいです。

ウェブカメラ

会議などにも使います。ウェブカメラで動画の撮影をすることもあります。

スピーカー

動画編集で使ったり、音声つきのオンライン講座を受講したりする時に。

私はSpotifyで音楽をかけながら作業をすることが多いです。

インターネット回線

動画編集やサイト制作をするには、いろんなソフトウェアや、動画、画像をダウンロードすることが多いので、ネット回線は光がいいと思います。

近況報告

というわけで、今日は私が作業をしているワークスペースやパソコンのことを書いてみました。できるだけ快適に制作活動ができる環境づくりをこれからも工夫していきたいです。

さて、サイトも動画もあまり更新できずにいるので、少しだけ近況報告を書きます。

私は子供の受験が終わり、入学準備に忙しくすごしています。

コールセンター業務を多めに入れていて、動画やサイト制作の時間をとれていませんが、元気です。

現実は厳しい でも幸せにはなれる | アルバート・エリス(Arbert Ellis), 齊藤勇 |本 | 通販 | Amazon
Amazonでアルバート・エリス(Arbert Ellis), 齊藤勇の現実は厳しい でも幸せにはなれる。アマゾンならポイント還元本が多数。アルバート・エリス(Arbert Ellis), 齊藤勇作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また現実は厳しい でも幸せにはなれるもアマゾン配送商品なら通常配送無料。

kindle Unlimitedで読めるこの本を、スキマ時間に読んでいます。タイトルに惹かれて選びました。

『現実は厳しい。でも幸せにはなれる』

社会がすごい勢いで変化していると感じています。3年後、5年後には今とは仕事や子育ての仕方がガラッと変わっているのかもしれませんね。

どんなふうに変化しても、パソコンとインターネットがあれば学ぶことができ、楽しむこともできます。そして、パソコンとインターネットがあれば、生活できるだけの収入を得られる、と自信を持って言えるようになれたらいいなと思っています。

在宅ワークの個人事業主として力をつけていきたいです。

体調を整えて、コツコツ積み上げていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました