スマホで確定申告やってみた【2021年】マネーフォワード確定申告アプリ

在宅ワーク

私は毎年所得税の確定申告をしています。小さな事業を営む個人事業主として、青色申告をしています。

今年も早めに確定申告を済ませたところですが、去年までと違ったこと、わかりにくくてハマりそうになったことがいくつかありましたので、記録しておきたいと思います。

2020年分青色申告についての注意

2020年分(2021年2月16日~4月15日に申告をする)の所得税の確定申告について、青色申告をしている人は気をつけなくてはいけないことがあります。

青色申告特別控除がこれまでの65万円から55万円に減る。ただし、e-Taxで確定申告書等のデータを送信(または電子帳簿保存)すれば65万円になる。

こんな内容のお知らせが、数か月前に税務署から届いていました。

青色申告の特別控除65万円を受けるための要件

これまでの要件

  • 複式簿記
  • 損益計算書と貸借対照表の添付
  • 期限内の申告

追加される要件

  • e-Taxでの申告(または電子帳簿保存)

特別控除額が減らされるということは、課税対象となる所得の額が多くなるということで、場合にもよりますが所得税が多くなってしまう可能性があるということです。

もちろんe-Taxで確定申告をしたいと思いました。

以前は、e-Taxってあまり評判がよくなかったと思うのですが、このごろTwitterなどで、今年のe-Taxについて「カンタン」「便利」という口コミを読んでいたので期待大です。

でも、やってみるとなかなかスムーズにはいきませんでした。

事業所得がある場合の確定申告で、青色申告の特別控除額を減らされないように申告するために、私がやったことを書いておきますね。

(ここに書いているのは2021年2月時点で私が調べた限りのことです。e-Taxどんどん進化しているようで、来年にはまた変わって、便利にわかりやすくなっていくんじゃないかと思います)

スマホで確定申告が簡単にできるようになった

去年までは複数のアプリをスマホにインストールして連携させないといけなかったらしいのですが、今年は簡単にスマホで確定申告するためのデータを作成し、送信できるようになったのだそうです。

ただ、普段から会計ソフトを使ってPCで記帳し、確定申告のデータを作っているので、そのデータをPCで送信できたらいいなと思いました。

e-Taxで確定申告しようと思ったが…

e-Taxのサイトを開いてみました。

【e-Tax】国税電子申告・納税システム(イータックス)
国税電子申告・納税システム(e-Tax)の概要や手続の流れ、法令等に規定する事項など、e-Taxを利用して申告、納税及び申請・届出等を行うために必要な情報やe-Taxについてのお知らせを掲載しています。

こちらの「確定申告書等作成コーナー」で申告書と青色申告決算書のデータを作成し、e-Taxで送信することで、青色申告の特別控除の追加された要件を満たすことができるようです。

「確定申告書等作成コーナー」は、利用できる要件がいろいろあるようですが、とりあえずやってみようと思いました。

e-Taxでの提出方法を2種類から選ぼうとするが…

「作成開始」というボタンを押すと、開いたページでは「税務署への提出方法を選択してください」という表示が。

PCからe-Taxで提出する方法は2種類あるんですね。

  • マイナンバーカード方式
  • ID・パスワード方式

これを見た時、きっとマイナンバーカードを持っていれば簡単に提出できるんだろうなと思いました。「持っててよかったマイナンバーカード」と一瞬思ったんですが…

マイナンバーカード方式は、PCで行う場合はICカードリーダライタという機器が必要→私は持っていません。

↑ICカードリーダライタはこういうものです。そこまで高いものではなく、1000円前後で買えるものもあるようですね。

ICカードリーダライタがない場合は、スマホとPCをBluetoothでペアリングしたうえでマイナンバーカードを読み取る方法もありますが、この場合スマホがiPhoneまたはPCがMacの場合はできないとのこと→私のスマホはiPhoneです。

というわけで、どうも私の場合は「ID・パスワード方式」でe-Taxで提出するといいんじゃないかと思えてきました。

ここにたどり着くまで、けっこう時間を費やしています。

ID・パスワード方式でe-Taxすればいいのかと思ったが…

よし「ID・パスワード方式」で提出しよう、と思ったんですが、あらかじめIDとパスワードを登録しておく必要があり、その登録方法とは…

  • 税務署に行って登録する
  • パソコンで登録する

とあります。パソコンで登録するためにはやはり「ICカードリーダライタ」が必要とありまして…

e-Taxで提出するために、1回税務署に行かないといけないってことなんでしょうか。まじか。

電話で問い合わせしてみようかと思ったんですが、e-Taxのトップページには、ただいま問い合わせが非常に混みあっているとのお知らせが…

会計ソフトのアプリでサクッと申告

…と、ハマりかけて税務署にダッシュしそうになったんですが、そういえば、愛用している会計ソフト「MF(マネーフォワード)クラウド確定申告」に、今年の確定申告について何か書いてあったなぁと思い出しました。

ICカードリーダライタ不要でスマホから確定申告ができ、65万円の特別控除を受けられるとちゃんと書いてありますね。

マネーフォワードクラウド確定申告のスマホアプリから、確定申告の書類データを提出した場合も、e-Taxで提出した場合と同様、青色申告特別控除が減らされることはなく、65万円受けられるとのことです!

マイナンバーカードとマイナンバーを読み取れるスマホが必要です

最初からマネーフォワードクラウドの方をちゃんと見ていれば悩むことなかったんですね~。でも、e-Taxについてもいろいろ調べられたのでまあよかったです。

早速、マネーフォワード(Money Forward)クラウド確定申告のアプリをダウンロードしました。

会計ソフトのアプリで確定申告ができた

PCのマネーフォワード確定申告で記帳していたデータは、そのままアプリに引き継がれるので、スマホで必要事項を追加入力して提出書類を作り、アプリから送信するだけです。

スマホで記帳しなおす必要はない。PCのマネーフォワード確定申告で作ったデータをアプリで送信すればOK。

「確定申告やることリスト」があり、この通りにやっていけば確定申告ができるようになっている。
所得から差し引かれる項目である、保険、年金、iDeco、寄付金なども、チェックを入れ、必要事項を入力するだけで自動で計算して確定申告書に入力してくれる。

こういうの、確定申告書のどこに何を書いたらいいのか、自分で確認しながら埋めていくとしたら大変ですよね。

MF(マネーフォワード)クラウド確定申告アプリから確定申告(送信)してみた

さて確定申告の書類(データ)ができたので、スマホで提出してみました。

送信する前に、確定申告書や決算書をpdfで確認できます。

確認して、問題がなければいよいよ送信しますが、1タップで送信…というわけにはいかず、いくつか必要となるものがありました。

e-Taxの利用者識別番号

e-Taxのサイトで、e-Taxの利用開始届けをします。

e-Taxの開始(変更等)届出書作成・提出コーナーを利用するに当たって | 【e-Tax】国税電子申告・納税システム(イータックス)
国税電子申告・納税システム(e-Tax)の概要や手続の流れ、法令等に規定する事項など、e-Taxを利用して申告、納税及び申請・届出等を行うために必要な情報やe-Taxについてのお知らせを掲載しています。

手順に従ってパソコンの操作をし「開始届出書」を作成します。画面の説明通りに氏名、生年月日、職業等必要事項を入力。

この際「暗証番号」と「納税用確認番号」を考えて入力することになります。

入力内容を確認して送信すると、すぐに数字16桁の利用者識別番号が発行され、画面に表示されます。

この16桁の数字がe-Taxで確定申告をしたり、会計ソフトのアプリで確定申告をするのに必要となります。

マイナンバーカードを読み取る

マネーフォワード確定申告のアプリに戻り、16桁の数字も入力したら、次にマイナンバーカードによる認証に進みます。

この際、マイナンバーカードを作った時に決めた、

  • 署名用電子証明書暗証番号(6~16桁の英数字)
  • 利用者証明用電子証明書暗証番号(4桁の数字)

を入力する必要があります。

これを入力した後、マイナンバーカードをスマホで読み取ります。

iPhoneの場合はこれぐらいの位置が良さそう。はじめ、もっと上の方に当てていたら何度も読み取り失敗した

マイナンバーカードの読み取りが成功すると、確定申告のデータが国税庁に送信されるはずなのですが…

e-Taxとの接続に失敗しましたというエラー

私がやってみると、マイナンバーカードの読み取りまではできるのにその後送信エラーとなりました。

混んでいるのかな?と思ったりもしたんですが、時間をおいてまたやってもやっぱり同じエラーが。

Twitterで同様のエラーが出た方からの情報で知ったのですが、もう一つ連携の手順が必要でした。

マイナポータルアプリとe-Tax利用者識別番号を連携する

マイナポータルアプリ
  1. マイナポータルアプリの利用者登録をしていない場合は最初に画面の指示に従って利用者登録をする。
  2. メインメニューから「もっとつながる」を選択
  3. 「国税電子申告・納税システム(e-Tax)という項目があるので「つなぐ」をタップ
  4. 画面の説明に従い、マイナンバーカードのパスワードを入力して読み取りをする
  5. e-taxのサイトでさらにマイナンバーカードの読み取り等画面の説明通りに操作していく

するとこのように、マイナポータルアプリとe-Taxがつながります。

やっとマネーフォワード確定申告アプリから送信できた

その後、マネーフォワード確定申告のアプリに戻り、マイナンバーカードを読み取った後、今度はエラーは出ずに、データを送信することができました。

今年の確定申告、やっと完了です…

手順のザックリしたまとめ

ふだんPCの会計ソフトで確定申告に必要なデータを作っている人が、会計ソフトのアプリから電子申請をする手順をザッと書いてみると…

マイナンバーカード関係の準備

  • あらかじめマイナンバーカードを作っておく
  • マイナポータルアプリをインストールし、利用者登録する

会計ソフトでの準備

(マネーフォワード確定申告の場合)

  • 確定申告に必要な情報の入力と確認をすませる(PCの他「マネーフォワード確定申告アプリ」でも記帳や確認をすることができる)
  • 提出方法は「スマホで電子申告」を選ぶ
  • マネーフォワード確定申告アプリをスマホにインストールし、ログインする。

e-Taxのサイトでの準備とマイナポータルAPとの連携

  • e-Taxの利用開始届けの手続きをサイト上で行い、利用者識別番号を入手する
  • マイナポータルアプリの「もっとつながる」からe-Taxの利用者識別番号を連携する

データの送信

以上の準備をした後、マネーフォワード確定申告アプリで確定申告のデータを送信する。

スマホで確定申告してみての感想

正直、カンタンという感じはしなかったです。いろいろ調べながら、エラーなどへの対処もしながらなんとかという感じでした。来年は慣れて、もっとサクサクできるようになるでしょうか。

確定申告の書類を、去年までは会計ソフトで作ってプリントアウトし、簡易書留で税務署に送っていました。確定申告会場には行ってませんが、郵便局には行く必要がありました。

今年は完全におうちで、一人で確定申告できたので、なんか達成感があります(#^^#)

その他の会計ソフトもスマホで確定申告に対応

私が使っている会計ソフトはMoneyForward(マネーフォワード)クラウド確定申告というものです。普通に便利で何も不満なく使っています。

確定申告ソフト「マネーフォワード クラウド確定申告」
確定申告ソフトならマネーフォワードの「マネーフォワード クラウド確定申告」。無料で始められてMacにも対応のクラウド型確定申告ソフトです。青色申告や白色申告に対応。確定申告書Bや青色申告決算書、収支内訳書など確定申告必要書類の自動作成が可能です。

これと同じぐらい有名な会計ソフトにFreeeというのがありますが、そちらも、アプリから確定申告できるようですね。

無料から使えるクラウド会計ソフト | クラウド会計ソフト freee
無料から使える、シェア No.1 のクラウド会計ソフト freee(フリー)。初めての決算書作成や確定申告も、簡単に行えます。中小企業の経理・会計を自動化し、時間を削減。消費税増税やマイナンバー制度など税制・法制改正に無料で自動対応するから安心。

他にもスマホでの確定申告に対応している会計ソフトはあると思いますので、お使いの会計ソフトで確認してみてくださいね。

まとめ

2020年分(申告期間2021年2月16日~4月15日)所得税の確定申告で、青色申告の特別控除を減らされず65万円にするために…

①e-Taxで確定申告する
 -マイナンバー方式
 -ID・パスワード方式

②電子帳簿保存をする

③スマホでの確定申告に対応している会計ソフトを使って確定申告する

マイナンバーカードを持っていて、「MF(マネーフォワード)クラウド確定申告」などの会計ソフトを使っている方なら、③の方法で確定申告をするのがラクだと思います。

ICカードリーダライタを買う必要もなく、税務署に行く必要もなく、手持ちのiPhoneで、普段から記帳しているデータを使ってできますので。

②の電子帳簿保存については、ちょっとだけ調べてみたけどよくわかりませんでした。すぐできるものではなく、要件を満たしてあらかじめ申請しておく必要があるようです。

というわけで、確定申告が終わってほっとしている私です。

それにしても、識別番号やら暗証番号やらが多すぎ!と思うのは私だけでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました