レフ板を自作してみた【室内動画撮影】

レフ板を手作りしてみた 動画編集

この記事には、自作のレフ板を使って、自然光があまり入らない室内で雑貨を撮影してみた結果を書いています。

作業台を作ったけど…

前回の記事にも書いたように、西向きの和室の一角に、手元撮影用の作業台を作りました。

作業をしていて、思い立った時にいつでもサッと撮影を始められるようになったのはいいのですが、日当たりの悪い部屋なので、自然光での撮影がうまくできないのが悩みです。

照明を工夫して、きれいな動画を撮れるように、これからいろいろやっていきたいと思っています。

ネットで調べてみると、レフ板というものを使うと、明るさを補ってきれいな映像を撮れるらしいとわかりました。

レフ板とは

シート状や板状の、平らな面をもつ撮影用の道具です。

形は四角や円形で、大きさはA4程度のものから、1辺が1メール以上の大きいものもあります。

色は白や銀色等で、写真や動画を撮る際に、光を反射させて被写体にあて、明るさを補います。

代表的な使い方は、逆光での撮影時に被写体に向けてレフ板を設置し、影をやわらげるというものです。

白い紙などでも代用できるようです。

あまり高くない値段のレフ板も売られています。自作もでき、100均で買える材料で、数百円程度で手作りしている方のお話もネット上で見かけます。

アルミホイルで銀色の面、白い工作用紙等で白い面を作るといいらしい…

レフ板を作ってみました

外側は黒い布で、開くと白い面と、銀色の面があります。

簡単な作り方がいろんなブログや動画で紹介されていますので、作り方は書きませんが、自分なりの工夫として、カルトナージュの手法を取り入れて、布を貼って作ってみました。

材料は100均と家にあるもので

100均で買えるA4の「板目表紙」「白ボール紙」買ったのはこれだけです。

あとは家にあったもので、

  • 両面テープやメンディングテープ
  • アルミホイル
  • ホットメルト紙で裏打ちした黒い布
  • ボンドと刷毛

…を使いました。

ホットメルト紙は、布にアイロンで貼り付ける裏紙です。これを使うと、布をボンドや両面テープで台紙に貼りやすく、きれいに仕上げられます。布に直接ボンドをつけて貼ることもできますが、しわやゆがみが出やすいです。

カルトナージュ用に家にあったので使いました。ホットメルト紙は、100均ではおそらく売っていなくて、幅49センチ長さ2メートルで1000円程度。

また、アルミホイルは破けやすいです。

ネットで探すと、銀色の工作紙、ロール紙、色紙などもあるようですが、特に自作したい、という人でない限り、こういったものを購入して作るよりは、安価なレフ板を購入する方が現実的に思えます。Amazonで探すと、1000~2000円くらいでも良さそうなレフ板が売られています。

今回私は手作りしてみましたが、200円と家にあるものだけで自作できたという、達成感だけはめっちゃあります。

白ボール紙の面、アルミホイルの銀色の面、そして表紙の黒い面。

三種類のレフ板として使えます。(黒は私はあんまり使わないと思いますが…)

開いて自立しますが、中間のシートを開いた状態で固定するのに洗濯ばさみではさみます(苦笑) 中間のシートなしで、内側が白だけ、銀だけの2つ作った方がよかったかもしれません。

レフ板を使って撮影してみた

和室の作業台で、晴れた日の日中に撮影し、色補正などはしていない写真です。

レフ板ありの方が、影が薄くなり、画面全体の黄ばみが取れてスッキリしています。

これからレフ板を使いこなして、見やすい写真や動画を撮れるようになりたいです。

室内での動画撮影に役立つ情報を発信します

このブログでは動画をYouTubeに投稿するための役立ち情報を発信しています。

特に、顔出しなしの手元動画の撮影、編集、YouTube投稿についての情報発信にこれから力を入れていきます。

ぜひまたチェックしてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました